FC2ブログ
奥野工務店スタッフがお届けする、住まいに関するちょっとしたお話を発信します!


ブログ検索



カレンダー(月別)

05 ≪│2020/06│≫ 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



プロフィール

管理人

Author:管理人
(株)奥野工務店の営業兼広報担当のナカシマ(女性です)がお届けする、住まいに関するちょっとしたお話や地域の情報を発信しているページです。
気楽にホッと一息つけるようなブログにしたいと思っております。ぜひ、こちらでくつろいで行ってくださいね。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



今日のK様邸 2006.9.15
2006.9.15-002.jpg 2006.9.15-003.jpg

今日のK様邸。

玄関収納も入り(写真左)、クロスを貼り始めました(写真右)。
クロスは腰壁に合わせて落ち着いた色目のものが多いです。

クロス選びはとても大変です。
膨大な数の見本の中から、各部屋のクロスを選ぶ作業は中々大変です。
一番時間がかかるクロス選びですが、
壁に貼られるとまた印象が変わり、色々楽しめるのがクロス選びです。

壁装材が現在のように装飾的に使われ始めたのは比較的近年で、
その歴史は西洋文化圏、中国文化圏の2つのルーツがあるそうです。
日本では、主に奈良時代からの本格的な仏教文化の中で発展し、
障壁画の装飾性と結合して襖、屏風などの室内装飾画という形をとり、
襖紙としての日本独自の壁装材を生みました。

そして明治以降、紙壁紙、麻布壁紙を経て、
画期的な素材として塩ビ樹脂を素材とするビニル壁紙が登場し、
乾式工法の普及と共にクロスの普及が一層進んだそうです。

建築や建材の歴史をたどるのも中々面白いですね。


※乾式工法・・・内外壁の仕上げや下地にモルタルや土壁など、水を含んだ材料を使用せず、工場で生産された外壁材や、合板などを現場で取付ける工法です。
乾燥待ちの必要がないので気候に左右されず工期を短縮できます。また、乾燥による伸縮の影響を受けないので工期の短縮が可能です。



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://okunoco.blog53.fc2.com/tb.php/93-7c8f7cf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)