FC2ブログ
奥野工務店スタッフがお届けする、住まいに関するちょっとしたお話を発信します!


ブログ検索



カレンダー(月別)

09 ≪│2018/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



プロフィール

管理人

Author:管理人
(株)奥野工務店の営業兼広報担当のナカシマ(女性です)がお届けする、住まいに関するちょっとしたお話や地域の情報を発信しているページです。
気楽にホッと一息つけるようなブログにしたいと思っております。ぜひ、こちらでくつろいで行ってくださいね。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



節分
年が明け、早1ヶ月が過ぎようとしています。

1月に降った雪もようやく落ち着き始めたと思ったら、
今朝はかなり冷え込み、うっすらと雪が積もっておりました。

さて。
昨日は2月3日 節分でしたね。
そして今日は「立春」です。

その証拠に既に日が随分と長くなりましたね。
午後5時を過ぎてもまだ明るいのは、春が近づいているようで嬉しいものです。

皆さんは節分に豆を撒きましたか?
この頃は関西の風習が全国的になり、
豆まきより恵方巻を食べる風習の方が
変な言い方ですけども「流行っている」ようですね。

我が家もたまたま人からの頂き物でしたが太巻きをいただいたので、
豆まきはご無礼をして、恵方巻を食べました。
今年の鬼門は西南西の方角という事だったので、それらしき方角を向いて・・・。



ところで、節分のそもそもの由来ご存知でしょうか?
鬼を退治する為に豆を撒くというのが図式ですが、
その背景に込められた意味というものがあります。




旧暦では、大寒を含む月が12月(丑月)、雨水を含む月が1月(寅月)で、
大寒(丑月)と雨水(寅月)の境にあたる節分~立春(丑月晦日~寅月朔日)が
丑寅の鬼門にあたります。
鬼門は読んで字の如く、鬼がやってくる所とされていますので、
その邪気を払う為に豆を撒くというのが節分の本当の意味です。
なぜ、豆を撒くのかは色々な意味があるそうですが、
まめ=魔目とか、魔を滅するという意味で豆を撒くようになったと言われているそうです。

このように時刻や方位や季節や干支を結びつける陰陽五行の考え方から
節分の行事が行われるようになったそうです。
風水なんかもこの陰陽五行に基づいて考えられているものです。


さて。
話は変わりますが、童話の「桃太郎」ありますよね。
桃太郎は鬼ヶ島に猿・雉(キジ)・犬の子分を従え鬼を退治に行きます。
なぜ、猿・雉・犬なのか。
陰陽五行説で言うと鬼のいる方角、
つまり鬼門(牛寅(北東)の方角)と逆の裏鬼門に当たる部分に申・酉・戌がいるのです。
ですので、その申・酉・戌のいる南西の方角というのは、
陰陽五行説から言うと、明るく良い方角であるとされています。
つまり陽の場所にいる申・酉・戌が陰の場所にいる鬼を退治に行くという
なかなか深い意味が隠されているのです。


そして、鬼の風貌にも陰陽五行説が隠れているのをご存知でしたか?
鬼は丑の角と寅の牙をもち、寅のパンツを履いていますよね?
つまりこれも鬼門(丑寅)に基づいて作られたもので、
鬼とはいわば、「厄」を象徴する存在として
人間が作り出した想像の上の生き物なのですね。

長くなりましたが、ご存じない方がいらっしゃれば少し勉強になったでしょうか?
この陰陽師五行に基づいて風水を勉強してみると、
理にかなって考えられているもので、なるほどと思うことも多くなかなか面白いですよ。

風水ばかりを気にするのは良くないですが、
知識として知っておくと役立つこともありますので、
興味のある方はルーツから勉強してみるといいかもしれませんね!




にほんブログ村 住まいブログ ハウスメーカー・ビルダー・工務店へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 岐阜情報へ
にほんブログ村




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://okunoco.blog53.fc2.com/tb.php/215-4b5009c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。